債務整理の費用

債務整理費用の支払い

 

今、お金がないからと、債務整理をあきらめないでください。

 

インターネットなどで債務整理の相談を行っている法律事務所では、相談も無料で行ってくれ、手付金もなしに債務整理を速やかにスタートしてくれます。

 

なぜなら、債務整理を行おうとしている方は、お金に困っています。
そのため、手付金などの支払いさえおぼつかないのが現状だからです。

 

したがって、ほとんどの法律事務所では、以下のような方法で支払いを受け付けてくれます。

 

初期費用なしで債務整理をする方法

 

債務整理が始まると、返済の支払いおよび利息の発生がストップします。
ストップする期間は、債権者と法律事務所が和解交渉を行っている時間で、おおよそ3〜6ヶ月程度です。
この返済が止まっている空白の時間を利用して、債務整理の費用の支払いが分割で行われます。

 

通常であれば、返済金を支払っている分を債務費用の支払いに回せますので、ほとんどの方が負担を感じることなく支払いを済ませることが可能です。

 

もちろん、大きな負担がかからないように、法律事務所は取り計らってくれますので、相談の際には、意思の疎通をよくしておいてください。

 

 

どこに相談すればいいのかわからない?

 

といった場合は、債務整理サービスのポータルサイトをチェックしてみてください。

 

↓あなたにぴったりの債務整理探し↓

 

補足

 

補足 1
債務整理を始める場合、最初に債権者(サラ金等の金融会社)あてに「受任通知(弁護士介入通知)」といった書類が送られます。
これは、債務者(あなた)から債務整理を行うことを依頼されたということを、法律事務所が債権者に宣言する書類です。

 

要は、債務者からの依頼で、受任した弁護士または司法書士が債務者の代理人になりますといった報告です。

 

この書類が債権者に届くと、債権者は債務者と接することができなくなり、交渉ごとはすべて債務整理を請け負った法律家を通さなくてはなりません。
督促の電話がかかっているような場合でも、その電話はぴたりと止まります。

 

それと同時に、上記のように元金の返済および利息の発生が、双方の和解が成立するまでストップします。

 

補足 2
債務整理の方法は、債務者の状況によって、「任意整理」「個人再生」「自己破産」といった方法のいずれかで行われます。
その方法については、前もって債務者と依頼する法律事務所の間で話会いながら決定していきます。

 

返済に困ってしまった場合、無理は禁物。無理しても決して良い結果になることはありません。

 

債務整理をすれば、借金のなかったころの暮らしに戻れますので、ぜひ一度専門家に相談してみてください。

 

↓相談窓口探し↓