債務整理の費用

債務整理の費用の相場ってどのくらい?

 

債務整理を委任する場合は、弁護士か司法書士に委託することになります。
(個人でも行えますが、債権者との交渉や法的にも難しいため、多くの方は法の専門家である弁護士、または司法書士を通して行っています。)

 

しかし、気になるのはその費用ですね。
債務整理にかかる費用の相場ってどのくらいなのでしょう?

 

一概には比べることは難しいことですが、どのあたりを目安にすればいいかのかをご説明してみます。

 

弁護士と司法書士

 

よく、弁護士と司法書士のどちらに依頼すれば安上がりか?という質問を見受けますが、一概にどちらとは言い切れないのが現状です。

 

というのも、債務整理を請け負う場合の費用が、日本弁護士連合会(以下 日弁連)も日本司法書士連合会(以下 日司法連)も、それぞれの大筋の金額は定められているものの、詳細にわたる金額の決定は、弁護士も司法書士もそれぞれ個々に任されています。

 

それぞれの所属する連合が定める上限のなかで、弁護士や司法書士が個々に料金を決めているということです。

 

一定の枠の中とはいえ、言ってみればオープン価格。
依頼者が見比べながら見極めるということになります。

 

また、依頼者によって状況が違うため、いくつかある債務整理の手段で、いずれの方法をとるかによっても費用は大きく変わってきます。

 

時間的に余裕があるなら、いくつかの法律事務所から見積もりを取ってじっくりと検討したいものですが、こういった事柄ではそうものんびりと構えているわけにはいきません。

 

そこで、双方の連合が定めている大枠の費用規についてのガイドラインなどをご説明いたしますので、その金額を基準に、それそれの法律事務所がホームページに記載している金額を比較してみてください。

 

もちろん、費用だけでは決めかねることもありますが、ホームページで債務整理を受け付けているところは、どの弁護士も司法書士も、無料で相談に乗ってくれ、おおよその見積もりも出してくれますので、まずは無料相談を受けてみることをお勧めします。

 

↓貴方にあった解決法を探すお手伝い↓