債務整理の費用

債務整理の費用が・・・

 

もう債務整理するしか、手の打ちようがない!
でも、手元には弁護士に支払うお金もない・・・。

 

 

返済日がもうすぐそこに迫ってきているのに、返済のメドが立たない!

 

すでに返済が滞ってしまって、督促の電話が鳴り響いている!

 

もう、借金生活に疲れ果ててしまい、毎日がつらい!

 

でも、債務整理の費用なんてどこにもない!!

 

 

今すぐに費用が用立てできなくても、手付金もなしに債務整理を執り行ってくれる弁護士や司法書士はたくさんいます。 (詳しい支払方法のご説明はこちらから。

 

そもそも、返済ができなくて困っている人が、お金を持っているはずがありません。

 

債務整理の費用|債務整理で弁護士・司法書士に支払う費用

 

この手の依頼には、弁護士も司法書士もその点は重々承知しています。

 

もちろん、無料で行ってくれるわけではありませんが、依頼者が支払いができる状態になってから支払いがスタートになりますのでご安心ください。

 

でも、どこに相談すればいいのかわからない?
といったときには、「街角法律事務所」という債務整理サービスのポータルサイトをチェックしてみてください。

 

あなたの借金の現状を打ち込むと、あなたに合った債務整理の情報がゲットできるシミュレーターが設置されていますよ。

 

↓シミュレーターはこちらから↓

 

債務整理は専門家に依頼しましょう

 

なぜ専門家に依頼するか

 

債務整理は個人でも行うことはできますが、煩雑なところや、交渉する際に専門な知識や経験がないとスムーズに「和解」することが困難です。

 

そこで、多くの方は弁護士や司法書士を介して、債権者との「和解」を行っています。

 

「和解」するにあたっては、「任意整理」「個人再生」「自己破産」といった債務整理の方法があり、それぞれの債務者の現況によって異なります。

 

また、いずれの方法を用いて行うかによってその費用も異なってきます。

 

多くの方は、任意整理や個人再生で整理していますが、それでも困難な場合には自己破産を行うことになります。
その判断は専門家との相談になりますが、それぞれの費用は以下にまとめてありますので参考にしてみてください。

 

その前に

 

もし、ヤミ金からも借りていたら!

 

借入先にヤミ金が入っている場合、通常の法律事務所では対処できないことがあります。

 

何しろ無法者のヤミ金は、一筋縄ではいかないもの。
そのような場合には、ヤミ金に精通した法律事務所に依頼することをおすすめします。

 

↓ヤミ金対策無料相談実施中↓

 

 

債務整理の方法別費用

 

任意整理

 

あくまでも概算ですが、成功報酬や事務手数料などを含めて、債権者1社につき3万円前後×債権者数+アルファといいたところが多いようです。

 

ただ、それぞれの事務所によって、着手金や成功報酬、減額報酬などの費用のつけ方はまちまちで、費用の比較がしづらいのが現実です。

 

最終的には、それぞれの費用を合算してトータル的にいくらかかるかといった見比べ方が必要になります。

 

また、過払い金が発生している場合には、ほとんどのところで、その回収の手数料として20%程度の成功報酬が加算されています。

 

※一概に、着手金が安いとか、減額報酬がないなどといって、総額が安ということではないので、すべてを合計してどのくらいになるのかをきちんと確認してください。

 

(そのほかにも、債務額のパーセンテージでの費用を算出しているところや、債務額によってパック料金になっているところなどいろいろありますが、いずれも、最終的なトータルを計算して比較するよう心掛けてください。)

 

 

個人再生(個人民事再生)

 

通常の着手金としては30〜40万円程度で行っているところが多いようですが、住宅ローン特別条項付きの場合ではさらに別途加算される場合があります。

 

また、個人再生の場合は任意整理と違い、大幅な元金の減額を債権者と交渉していくため、その減額に基づいて成功報酬が発生するところもあります。

 

 

自己破産

 

着手金として30万円程度のところが多いようです。

 

ただ、管財事件の場合などは、別途費用が加算されます。

 

いずれの方法も、色々なケースにより手数料が加算されることがありますので、きちんと現状を伝えた上で見積もりを取り検討してください。

 

いろいろ探し回るのも結構時間がかかります。もし時間の猶予がない方や、決めかねて頓挫してしまった方は、「街角法律事務所」のシミュレーターを使って、あなたに最適な情報をゲットしてみてください。

 

 

一般的な債務整理

 

債務整理というと、自己破産がすぐ頭をよぎってしまうかもしれませんが、自己破産は本当に最終的な手段です。

 

ほとんどの人は、任意整理とか個人再生といった方法で債権者と和解することが多く、利子をすべてカットしてもらったり、元金を大幅に減額してもらい、残った金額を返済していくといった方法を取っています。

 

そのような債務整理の方法で依頼する場合には、弁護士や司法書士に支払う金額は、一概には言えませんが、おおよそでは以上のような金額になります。

 

 

※金額は依頼するところにより違いますので、前もって依頼したい法律事務所のホームページで必ず確認をとってください。

 

 

↓貴方にあった解決法を探すお手伝い↓